イベント情報

パーキンソン病と脳・神経の病気を知るセミナー in 高知

パーキンソン病は、脳の神経伝達に欠かせない「ドパミン」という物質が不足することで、ふるえ、筋肉のこわばり、動作の緩慢、姿勢反射障害などを引き起こす病気で、ほかの病気でもよく似た症状を示すことがあり、なかなかパーキンソン病と診断がつかないケースも見受けられます。このセミナーでは、パーキンソン病をはじめとする脳や神経の病気について、神経内科のお医者さんが、皆さんにわかりやすく解説します。

【神経内科について】
神経内科医は、全身に張り巡らされた神経の不調を的確に診断する「全身を診る医師」です。脳、脊髄、神経、筋肉まで、多岐にわたる病気を診断・治療する内科医として、患者さんの生活の質(QOL)を維持・向上できるように努め、患者さんとそのご家族との信頼関係を 築きながら、病気を乗り越えるお手伝いをしています。

定員に達したため応募終了致しました!沢山のご応募ありがとうございました。

講師・プログラム

高知大学医学部
神経内科学教室 教授

古谷 博和先生

近森病院神経内科
主任部長

山﨑 正博先生

高知大学医学部
神経内科学教室 講師

大﨑 康史先生

いずみの病院脳神経外科
副院長

清家 真人先生

プログラム

15:00~15:20 神経内科をご存知ですか?
(高知大学医学部 神経内科学教室 教授 古谷 博和先生)
15:20~15:40 パーキンソン病の症状と診断について~自分の症状をうまく主治医に伝えるために~
(近森病院神経内科 主任部長 山﨑 正博先生)
15:40~16:00 パーキンソン病の薬物治療の開始と実際~お薬は正しく服用することが重要です~
(高知大学医学部 神経内科学教室 講師 大﨑 康史先生)
  (休憩 15分)
16:15~16:35 パーキンソン病の外科治療・リハビリについて~脳深部刺激療法をご存知ですか?~
(いずみの病院脳神経外科 副院長 清家 真人先生)
16:35~17:00 パーキンソン病Q&A( 事前質問に答えるコーナー)

*車椅子でのご入場も可能です。

日時・会場

日時 2016年10月29日(土)15:00~17:00(開場14:30)
会場

のいちふれあいセンター「サンホール」
香南市野市町西野534-1
(なはり線のいち駅徒歩3分)
参加費無料!
先着順!(先着500名様)
*車椅子でのご入場も可能です。

会場アクセスはこちら»

駐車場地図はこちら»

申し込み方法

お名前・ご住所・お電話番号・年齢・性別、ご同伴者氏名(最大3名様可)をご記入の上、FAXにてお申し込みください。ホームページからもお申し込みいただけます。
先着順で参加証をFAX、メールにて送付しますのでお間違いのないようご記入ください。

ファックス番号 03-5550-6550
事務局 〒104-8176 東京都中央区銀座7-13-20
(株)日本経済社内
「こんなときは神経内科に行こう! 高知セミナー」係


または、下記よりお申込み頂けます。

定員に達したため応募終了致しました!沢山のご応募ありがとうございました。

問い合わせ先

問い合わせ先 TEL 03-5550-6263(平日10:00~16:00)
締め切り 2016年10月28日(金)16時必着(ホームページ、FAXからお申し込み下さい。先着順で定員になり次第締め切らせていただきます)
定員 先着500名様

共催その他

共催 神経内科フォーラム グラクソ・スミスクライン株式会社
後援 一般社団法人 日本神経学会
  • はじめに
  • 自己チェック
  • 神経科学関連ニュース
  • 代表的な病気
  • 代表あいさつ
  • 概要
  • 活動
  • 定款
  • 定款
  • 医師をめざす人へ
  • 患者さんへのメッセージ

日本神経学会