ALS・ジストニアシンポジウム

  • ホーム
  • ALS・ジストニアシンポジウム

ALS・ジストニアシンポジウム

入場無料!事前申し込み不要!
◆ジストニア市民セミナー(10:00~12:30)
◆ALS市民セミナー(14:00~16:00)
※満員の場合ご入場できない場合がございます。ご了承ください。

【東京】9月30日(日)

JA共済ビル カンファレンスホール
〒102-0093
東京都千代田区平河町2-7-9 
JA共済ビル1F
(東京メトロ有楽町線、半蔵門線、南北線 「永田町駅」4番出口 徒歩2分)

【大阪】10月21日(日)

大阪国際会議場
〒530-0005
大阪府大阪市北区中之島5丁目3-51
(京阪電車中之島線「中之島(大阪国際会議場)駅」2番出口すぐ)

ALS(筋萎縮性側索硬化症)は、脳や神経からの指令が筋肉に伝わらなくなり、うまく体を動かせなくなってしまう難病ですが、研究が進んで早期に発見・治療をスタートすれば症状を遅らせることもできるようになっています。ジストニアは動かそうと思っていないのに筋肉が動いたり緊張することでけいれん、こわばり、姿勢の異常などを起こす神経難病です。このシンポジウムでは2つの神経難病の基礎知識と最新の治療法についてわかりやすくお話しします。

ジストニア市民セミナー

筋肉のゆがみ、ねじれは大丈夫? いろいろ治せるジストニア

ジストニアは動かそうと思っていないのに筋肉がゆがんだりねじれたりすることで姿勢の異常、けいれんなどを起こして日常生活に支障が生じる神経難病です。

開催日時・場所

【東京】9月30日(日)

10:00~12:30 定員200人
JA共済ビル カンファレンスホール
〒102-0093
東京都千代田区平河町2-7-9 JA共済ビル1F
(東京メトロ有楽町線、半蔵門線、南北線 「永田町駅」4番出口 徒歩2分)

【大阪】10月21日(日)

10:00~12:30 定員260人
大阪国際会議場
〒530-0005
大阪府大阪市北区中之島5丁目3-51
(京阪電車中之島線「中之島(大阪国際会議場)駅」2番出口すぐ)

プログラム

10:00~ ジストニアってどんな病気?
梶 龍兒先生(徳島大学医学部臨床神経科学分野 教授)
10:30~ 意外と多いジストニア
9月30日(日)東京セミナー
望月 秀樹先生( 大阪大学医学部神経内科教授)
10月21日(日)大阪セミナー
服部 憲明先生(大阪大学国際医工情報センター 臨床神経医工学寄附研究部門 寄附研究部門准教授)
11:00~ 難病になった遺伝性ジストニアの診断
瓦井 俊孝先生(徳島大学医学部臨床神経科学分野講師)
11:30~ ジストニアの治療
宮本 亮介先生(徳島大学医学部臨床神経科学分野 助教)
12:00~ Q&A

ALS市民セミナー

知っておこうALS~早期診断と最新の治験~

ALS(筋萎縮性側索硬化症)は、脳や神経からの指令が筋肉に伝わらなくなり、うまく体を動かせなくなってしまう難病ですが、研究が進んで早期に発見・治療をスタートすれば症状を遅らせることもできるようになっています。

開催日時・場所

【東京】9月30日(日)

14:00~16:00 定員200人
JA共済ビル カンファレンスホール
〒102-0093
東京都千代田区平河町2-7-9 JA共済ビル1F
(東京メトロ有楽町線、半蔵門線、南北線 「永田町駅」4番出口 徒歩2分)

【大阪】10月21日(日)

14:00~16:00 
大阪国際会議場
〒530-0005
大阪府大阪市北区中之島5丁目3-51
(京阪電車中之島線「中之島(大阪国際会議場)駅」2番出口すぐ)

プログラム

14:00~ ALSとはどんな病気?
梶 龍兒先生(徳島大学医学部臨床神経科学分野 教授)
14:30~ ALSの早期診断
金井 数明先生(福島医科大学神経内科 教授)
15:00~ 最新のALS治験
和泉 唯信先生(徳島大学病院神経内科 特任講師)
15:30~ Q&A

 

お申込み・お問い合わせ

お申込み

事前申し込みは不要です。※満員の場合ご入場できない場合がございます。ご了承ください。

お問い合わせ

TEL:03-6403-4693(月~金/平日のみ7:00~9:00 14:00~16:00)
FAX:03-6893-3931
メール:alsdy@ro4.jp

主催 徳島大学大学院 臨床神経科学分野(神経内科)
後援 厚生労働省遺伝性ジストニア研究班、日本ALS協会、日本神経学会、神経内科フォーラム、読売新聞社
  • はじめに
  • 自己チェック
  • 神経科学関連ニュース
  • 代表的な病気
  • 代表あいさつ
  • 概要
  • 活動
  • 定款
  • 定款
  • 医師をめざす人へ
  • 患者さんへのメッセージ

日本神経学会